ちひろワールド~文章の作成、マーケティングやコピーライティングなどの販売促進本のオススメ

販売促進、マーケティングやコピーライティング、文章作成の「本のオススメ」を紹介します。

新・PASONAの法則を極めよう!

「新・PASONAの法則」では、就職時に企業側が求める人物像、応募者が示すべき姿勢や行動などについて、神田氏が豊富な現場経験から導き出した知見が盛り込まれています。

「売れる公式41」では、ビジネスやセールスに関する、41の成功法則が紹介されています。ビジネス
に成功するために必要な、ビジネスパーソンとしてのマインドセットやコミュニケーション能力、プレゼンテーション技術、自己ブランディングの方法などが詳しく説明されています。

セールスライティングの実践的なガイドブックです!

ロバート・W・ブライ著のセールスライティングハンドブックは、成功するセールスライティングを学ぶための実践的なガイドです。この本では、セールスレター、ブログ記事、ウェブサイトのコピー、広告などのセールスライティングの種類について論じられます。著者は、セールスライティングの基本的な要素について説明し、読者が自分の製品やサービスを顧客に売る上で役立つテクニックや戦略を提供しています。さらに、本書では顧客のニーズや欲求を理解し、それに合わせたコピーを書く方法についても説明されています。この本は、セールスライティングに興味があるマーケターやビジネスオーナーにとって、非常に役立つ資源となるでしょう。

神田昌典氏の処女作です!オススメです!

『カネをかけずにお客をつかむ』は、少ないリソースで効率的にお客様を獲得するための方法を紹介するビジネス書です。著者の神田昌典氏は、多くの成功事例から得た知見を元に、マーケティング戦略を提案しています。具体的な手法としては、有益な情報や面白いコンテンツを提供し、フォロワーを増やしていく「フォロワー増強戦略」や、競合他社のファンを取り込んで自社のファンにする「ライバルをファンに変える戦略」などが挙げられます。また、従来の広告に頼らず、企業とお客様とのコミュニケーションを重視することで顧客ロイヤルティの向上にも繋がるとしています。書中では、具体的な実例を交えながら、読者が実践しやすい方法を紹介しています。ビジネスの立ち上げや拡大において、予算や人員不足で悩んでいる経営者やマーケターにとって、有益な情報が盛りだくさんの書籍です。

ダイレクトレスポンスマーケティングの生き字引的な良書です!

「あなたの会社が90日で儲かる!」は、神田昌典によるビジネス書である。本書は、起業家や社長が自社のビジネスを成長させるための具体的なアクションプランを提供している。そのアクションプランには、収益を上げるための見込み客の見つけ方、効果的な営業手法、マーケティングの基本的な戦略、人材採用や育成などが含まれている。 本書は、実践的なアドバイスが多く、具体的なステップを踏んでビジネスを成長させるためのヒントやツールを提供している点が特徴的である。特に、読者自身が自分たちのビジネスに取り入れられるように、執筆者が実際に成功した実例を多数紹介している。ビジネスの初心者から経験豊富な経営者まで、幅広く参考にできる本書は、誰もが自社のビジネスを成長させたいと考えている場合において、貴重な情報源となるだろう。

商品やサービスがなかなか売れない時に成功を収めた方法を紹介する実践的な書籍です。

『売れないものを売る方法?そんなものがほんとにあるなら教えて下さい!』は、川上徹也氏がビジネスの現場で経験を重ね、商品やサービスがなかなか売れない時に成功を収めた方法を紹介する実践的な書籍です。川上氏が自身の経験から学んだ成功事例の他、具体的なテクニックやアプローチ方法も含まれており、読者のビジネスにおいて実践的なアドバイスを提供します。本書を読むことで、売れないと諦めずに、独自の視点や発想力を持って、商品やサービスを売り上げることができるようになるかもしれません。ビジネスの現場で悩んでいる方、ビジネスに興味のある方にとって参考になる一冊です。

自己PRにアタマを悩ませている方に朗報です!

阿部淳一郎氏による『「PRするネタがない」と悩んでいる人のためのすごい自己PR作成術』は、自己PRをがんばってやっても、うまくいかなかったり、PRする「ネタ」がなくて困っている人に向けた自己PRの作り方を詳しく解説しています。 本書では、自己PR作成において大切なポイントについて、分かりやすく解説しています。まず、自己分析を行い、自分自身が持つ強みを理解することが大事です。自分が何に向いているのか、何が得意なのかを自分で納得できるまで探り、それをまとめることが、自己PR作成への第一歩となります。そのうえで、相手に合わせた自己PRにシフトし、自分の強みを相手のニーズに合わせて提供することが欠かせません。 自己PRをする際に有用な質問とフレーズについても解説しており、面接などの機会をうまく使って、より効果的なアピールをする方法を紹介しています。また、自己PRは一度や二度で完了するものではありません。継続的に行うことで、自分のブランディングを図り、成長やキャリアアップにつなげることができると指摘します。以上のように、本書は初めて自己PRを行う人から、やり方を改善したいと考えている人まで、幅広い層に役立つ一冊です。

この本を読んで、採用側の本音を仕入れて面接を成功させよう!

「渡部幸」著の「採用側の本音を知れば就職面接は9割成功する」は、採用側は候補者に対しても不安や不満を抱いていることが多く、その本音を理解することが重要であると考えている。本音を知ることで、自身の強みや改善点を的確にアピールすることができ、採用側の不安や不満に対応することができる。そのため、就職面接においては採用側が抱く懸念や不安に対してアプローチすることが重要であり、本音を聞き出すためにも積極的に質問をすることが必要である。これにより、本音を理解し自己PRにつなげることができれば、就職面接の成功率は大幅に高まると渡部氏は指摘している。

マクサン式webライティング実践スキル大全の要約

『マクサン式webライティング実践スキル大全』は、共同執筆者であるマクリン氏とサンツォ氏が、ウェブサイトの文章を効果的に書くための実践的なテクニックを解説する書籍です。著者である二人は、具体的なアクションプランを提示し、読者が実際に文章を書くことでスキルを身につけることができるように配慮しています。本書では、SEO対策や、読者の心理に対応した文章の書き方、見やすい文章の構成法、コンバージョン率を高める文章の書き方など、ウェブライティングに必要な基本的なスキルや知識が解説されています。また、各章の終わりには実践問題が用意されており、読者自身が理解した内容を確認することができます。本書は、ウェブライティングを学びたい初心者から、既に経験を持っている上級者までに役立つ内容となっています。正確、かつ効果的な文章を書くことは、ウェブサイト上でのビジネスにおいて非常に重要なスキルの一つであるため、本書を読むことでウェブライティングにおける基礎的な技術を身につけ、自身でもスキルを磨くことができます。

古典ながら良書です!

神田昌典著の『仕事のヒント』は、仕事術を中心にしたビジネス書で、仕事の成果を上げるためのヒントを提供する。著者自身がビジネスの現場でノウハウを蓄積してきた経験を踏まえ、さまざまなテーマを取り上げている。本書では、課題を解決するために必要な「考え方」や、生産性を高める「スキル編」、自己管理やコミュニケーション向上など「人間関係編」の3部構成でノウハウを解説している。仕事において重要なのは、課題解決に向けた質問力と、正しい判断ができるようになることだと記す。特に、問題を深く掘り下げ、多角的な視点から考えるということが大切であると強調している。また、生産性を高めるためのポイントとして、タスク管理、時間管理、情報管理、ツールの活用について具体的なアドバイスを提供している。人間関係編では、自己管理の重要性、コミュニケーション力向上の方法、トラブル解決のコツなども詳しく解説しており、組織内で協力し合い、成果を上げるために必要なスキルを身に付ける上での参考書として役立つ。全体的に、ビジネスの現場で必要な考え方やスキルを分かりやすく紹介しており、初心者からベテランまで、あらゆるビジネスマンに役立つ良質な一冊といえる。

影響力と説得のための革命的瞬間

『プリスエージョン(説得術)』は、心理学者のロバート・チャルディーニによる、人々がなぜ何かに納得するのかについての分析と、その応用法についての研究書です。本書は、様々な場面で使われる説得術のテクニックに言及しており、そのテクニックの中には、相手の0感情や社会的影響力を利用するものも含まれます。また、多くの説得術のテクニックは「自動応答」によって作用するため、誰でも効果的に活用することができます。本書には、説得術のテクニックに加えて、自己説得や自己否定、自分自身を幸せにする技術など、人生の様々な面で役立つ科学的な知見も含まれています。この本は、プレゼンテーション、営業、マーケティング、交渉、政治、心理療法など、幅広い分野で活用されることが期待されており、社会的現象にも応用されているとされています。また、本書の内容は、説得術を用いた悪用を防止するためのガイドラインとしても役立つため、広く読まれている書籍の一つです。

マーケティングでお悩みの方にオススメします!

西口一希氏の著書『マーケティングを学んだけれどどう使えばいいかわからない人へ』は、マーケティングの基本的な考え方から、戦略の立て方や具体的な実践方法までをわかりやすく解説した本です。しかし、マーケティングの知識があっても、実際のビジネスやプロジェクトで役立てることが難しいと感じている人も多いと思います。この本は、そうした人たちに向けて、実際のビジネスにおいてマーケティングを活用する方法を具体的に解説しています。たとえば、具体的なビジネス課題に対してマーケティングの思考を適用する方法や、自社の強み・弱みや顧客のニーズを分析する手法などが紹介されています。また、現代のビジネス環境で求められるグローバルマーケティングやオムニチャネルマーケティングの重要性についても解説されています。本書を読むことで、マーケティングの知識を活用して実践的な課題解決に取り組むことができるようになるでしょう。

マーケティングとは約100文字要約。

マーケティングは、商品やサービスの需要を調査し、ターゲット市場を特定し、それを満たすための戦略を策定することによって、消費者に価値を提供するためのプロセスです。このプロセスには、製品の開発、価格設定、プロモーション、販売などが含まれます。マーケティングをうまく行うと、企業は顧客からの支持を得るだけでなく、競合と差別化することができます。