ちひろワールド~コピーライティングなどの販売促進本のオススメ

販売促進やマーケティング、コピーライティングの情報を話題の中心に文筆活動を行う。

文章作成でつまずいている方にオススメの1冊です!

「みずき著書くのが遅いブログ初心者のためのちょい速ライティング」は、ブログ初心者のためのスピードライティングのテクニックを紹介しています。この本では、時間を節約しつつ効果的な記事を書く方法が解説されています。著者のみずきさんは、自身がブログ初心者だった経験から、読者に合わせた具体的なアドバイスを提供しています。本書では、ライティングの準備やアイデアの出し方、構成の工夫、文章の要約など、ブログ記事を効率的に書くためのスキルが解説されています。初心者でも取り組みやすく、実践的なテクニックが満載です。この本を読めば、ブログ初心者でもスピーディーかつクオリティの高い記事を作成することができるでしょう。

「文章の鬼100則」は、文章を書く上で重要なポイントを100個紹介しています。

川上徹也著の「文章の鬼100則」は、文章を書く際のノウハウをまとめた本です。ここではその中から要点を詰めて要約します。

「文章の鬼100則」は、文章を書く上で重要なポイントを100個紹介しています。これらのポイントを守ることで、よりクリアで魅力的な文章を作ることができます。

具体的には、1つ目のポイントでは「一文一句の使い方にこだわる」と述べています。また、2つ目では「主語を明確にする」ことが重要だと指摘しています。他にも「冗長な表現を避ける」などのアドバイスがあります。

オススメ本!!文章がうまくなる!

山口拓朗氏は、文章を改善するためには他の作家の文章をマネすることが重要だと主張しています。彼の指南では、優れた作家の表現方法やテクニックを学ぶために、彼らの文章を取り入れるべきだと述べています。この方法を通じて、自身の文章を向上させることができると述べています。要するに、山口拓朗氏のアドバイスは「他の作家をマネして、文章を上達させよう」ということです。